韓流ドラマの感想を書いています 気になるドラマの深読みしています

韓国ドラマ「皇后の品格」を観て

2023/08/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -
りこです。 北海道在住 猫好き・ お笑い・韓流ドラマ・ 野球・音楽・散歩・掃除が好きです。

2018年韓国SBSで放送 最高視聴率17.8%


簡単あらすじ


小さな劇団のミュージカル女優オ・サニーが 以前から大ファンで憧れていた大韓帝国の皇帝イ・ヒョクと結婚して皇后となる

サニーは皇帝と結婚出来るなど宝くじに当たったようだと その喜びに有頂天気味であった

皇帝も自分を好きでいてくれると思い込んでもいた

しかし その結婚を決めたのは皇帝自身ではなく 母の太后であった

皇帝には皇后にしたい女性がいた

母の策略によって皇后に選ばれたサニーを皇帝は愛する事が出来ず 付き合っている女性との関係を続けていた

そうして王室に入ったサニーだったが 前途は多難で皇帝の愛を得られないままに やがてその理由を知ることになる

そこには王室が隠し通したい秘密がある事を知り 皇后サニーはそれを探り出していく

そんな中で 数年前にサニーの母親が亡くなった時の事が 実は皇帝ヒョクに関係していたと分かる

また 王室に深い恨みを持つ警護員チョン・ウビンがいて 皇后と共に闇に隠れた真実を白日の下に晒すために動き出す


感想


このドラマは2回観ました

やっぱり面白かったですね

最初皇帝は本当に皇后に魅力を感じていなくて 新婚にも関わらずサニーが住む皇后殿には寄り付きもしませんでした

それでも本命女性ミン・ユラ がいる事は知られたくないらしく ある夜そのユラと一緒にいる所に皇后が訪ねて来て 部屋の前でなんとか取り繕って帰したのですが 疑われないために仕方なくその日は皇后殿へ出向き夫婦として過ごすのです

サニーは皇帝に女性がいるなど疑いもしません

ですが自分が皇帝の側にいるのは公務の時だけ

それだけでは寂しいサニーはなんとか皇帝の喜ぶ事をしたいと思い相談します

その相談相手が実は皇帝と愛し合っているユラだったのです

ユラは皇后に逆のことを教えました

皇帝が一番嫌がる事を

それは王室内の人間であれば知らない者がいない程「触れてはいけない」事だったのです

皇后は喜んで欲しくて皇帝を招きますが 大きな怒りを与えてしまいました

その訳が分からないままに衝撃を受ける皇后です

皇帝が触れたくない事 それは亡き妻のソヒョン皇后に関する物でした

皇帝は更に遠いてしまいます

皇帝の気持が掴めない

警護員として王室入りしたチョン・ウビンは 実は皇帝と愛人ユラに恨みを持っていました

皇帝とその女性が起こした事件があり それが彼に復讐心をもたらしたのです

彼は名前も姿も変えて王室へ入りました

密かに復讐の機会を狙っていきます

そして皇后は自分がずっとファンでいた人 憧れていた人 そして結婚出来たらいいなと夢に見ていた人「皇帝」の実態を知ることになります

実像と虚像

王室内で皇后が一番慕っていた太皇太后様という現皇帝の祖母がいますが

その祖母とは気が合いふたりで変装して街に出かけたり 王室内で花札をしたりと 唯一楽しく過ごせる人でした

その祖母がある日 胸を髪飾りで刺され死亡していました

深い悲しみを感じる皇后ですが なんと祖母殺しの被疑者にさせられてしまうのです

それも王室を牛耳る者の企てなのです

釈放後皇后は祖母の死の解明を始めます

そうしてそれだけではない王室の隠されてきた大きな悪事を知っていきます

皇后サニーは決心します

皇帝の女性関係と人間性・祖母の死の解明・王室はどんなところか そして皇帝の前妻である皇后の死について これら全てを世間に知らしめることにするのです

国民に全てを

皇后を排除するためにと ある時期皇帝は殺害を計画し部下に実行させたりしました

皇帝の母も同じように事あるごとに皇后を危険な目に遭わせます

それでも警護員のウビンに救われていくサニー皇后です

皇帝の母は 離婚して王室から出て行けと言いますが サニーはこう答えます

王室の実態を明らかにする事 大后や皇帝によって奪われた命に対して解明し罰を受けさせる事 それらを世間に発表する事それら全てが終わったら自分の足で出て行く それが皇后としての品格だと

皇后の品格

私が特に印象に残っているのは サニーが 皇帝ヒョクとユラが船上のデッキで抱き合っているのを橋の上から目撃した時の事です

側にいた警護員のウビンは 涙を流しながらその様子を見ていたサニーの目の前に そっと自分の手のひらを翳して隠してあげるんですね

サニーの目には直接触れない距離を取って

そのシーンにウビンの優しさと思いやりを感じました


皇帝は王室しか知らない人でそこが自分の居場所なんですね

だから守りたいしその為なら自分の犯した罪も正当化出来ると思っているのです

誰も信じる事が出来ず孤独な人ですが 本当に信じられる人が欲しかったのだと思いますし 本当の愛を求めていた人だとも思いました

ただ 罪の意識があまりにも低すぎると感じざる得ないですね

徐々にサニーの良さを知って サニーへの愛を感じていきますが もっともっと早くに気が付いていればと思いましたね

皇帝役のシン・ソンロクさんのコミカルなシーンがいくつかあって そこは面白かったのですが とにかく皇帝は腹が立つと物を壊すんです

そのシーンが結構多くて (^_^;)

最後まで読んでいただきありがとうございました♪

この記事を書いている人 - WRITER -
りこです。 北海道在住 猫好き・ お笑い・韓流ドラマ・ 野球・音楽・散歩・掃除が好きです。

コメントを残す

Copyright© りこ【つぶやきノート】 , 2023 All Rights Reserved.