韓流ドラマの感想を書いています 気になるドラマの深読みしています

韓国ドラマ「完璧な結婚のお手本」を観て~ 最終話

2023/12/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -
りこです。 北海道在住 猫好き・ お笑い・韓流ドラマ・ 野球・音楽・散歩・掃除が好きです。

2023年

配信全12話中 第12最終話(56分)


簡単あらすじ

イジュが事故に遭った時 衝突してきた車を運転していたのはドグクだった事がわかった。

彼もタイムスリップして来た事を知る。

イジュの復讐に協力してくれたのも彼女が養子先で辛い日々を送っていた事を陰から見ていた為だった。

あの事故当日 イジュは夫と義妹養母に裏切られた事を知り車を走らせていた。

ドグクは妹からイジュが贋作を売ったと聞かされ それを仕組んだ人間が居る事を察して憤りを覚え 一瞬運転中前方から目を離してしまった。

そしてふたりの車は衝突し更に後方からトラックが向かって来た事でふたり共命の危機に晒されたのだった。

その後 各々違う場所で目覚めたふたりは 一年前に戻っていてそこから改めて人生をやり直す事になったのだった。

感想

最終話観終えました。

ふたりの手首にはタイムスリップした印がありました。

それは当事者にしか見えない印でしたが 定められた時間の終わりが近づく度に濃くなっていったのです。

イジュとドグクはお互いの手首の印を確認しました。

イジュは妊娠していました。

なんとしても終わらせたくない命でした。

ドグクの異母兄ジョンウクは刑務所で自殺未遂を起こし搬送された病院を抜け出していました。

そして自分の現状の恨みをドグクに向けました。

ドグクが一番傷つき苦しむ方法を取るのです。

それは弟が最も愛しているイジュを失わせる事でした。

ドグクの留守中にイジュを連れ去った兄です。

義理の弟からジョンウクの自殺未遂と姿を消したという話を聞いたドグクは即座にイジュの安全を確認しました。

しかし電話にも出ず自宅に戻り探しても見つからない事で 兄の仕業だと察します。

防犯カメラから兄の犯行が明らかになり その車を追跡するドグクでしたが なんと兄が向かっていた先はイジュとドグクの事故が起きた現場だったのです。

そして日付もタイムスリップする直前の事故当日になっているのです。

時間が戻ったのですね。

兄の車に追いついたドグクはイジュを助ける為に車内に体を入れた時 後ろにいたジョンウクはナイフを取り出しドグクを刺したのです。

そして更にイジュをも殺そうと襲い掛かかった時 重傷を負っているにも関わらずドグクは兄を殴り続け彼女を守り抜きました。

その時トラックがクラクションを鳴らしながら近づいて来ましたが 3人とも間一髪で逃れる事が出来たのです。

兄は逮捕されイジュは無事でしたがドグクは術後目覚める事が出来ずにいます。

必死で祈るイジュですが彼女は気付いたのです。

自分が何の為にこうして時間を与えられているのかを。

それはドグクに出会ってドグクを愛して分かった事でした。

復讐の為ではなく人生を全うする為だと。

ドグクもまた同じなのかもしれませんね。

義妹のユラは大きなお腹を抱え婚約者の家で暮らそうとしますが ジョンウクの祖母と母親に「お腹の子が本当にジョンウクの子供であるかを検査してから」と言われてしまいます。

行き場をなくしたユラは子供の本当の父親であるセヒョクを訪ね あなたの子だからここに住むと言いセヒョクの実家に居座るのです。

頭を抱えるセヒョクでしたね。

実は彼には新しい恋人がいたのです。

養母のジョンヘは服役中ですが ユラから「あなたにお金が無いならもう必要ないから捨てる」と言われてしまいました。

ジョンヘは絶望の中でもなんとかプライドを保とうと必死でしたね。

イジュの両親は再会しました。

母親は漸く彼(父親)にちゃんと別れを言えたとイジュに話しました。

別れを言えぬまま離れたかつてのふたり(両親)だったのです。

これからは友人として接して行くのですね。

そうしてドグクは長い眠りから目覚め一命を取り留めました。

ふたりの手首からあの印が消えていました。

乗り切ったのです。

一時 ドグクは「どうかイジュの命を助けて下さい」と願い

イジュは「自分は死んでもいいドグクさんの命を助けて下さい」と祈ったのでした。


ハッピーエンドで良かったです☆

ドグクの退院後ふたりは入籍をしました。

そして子供が産まれ家族3人でのしあわせな生活が始まったのです。

兄のジョンウクはずっと父親が母を捨てて弟ドグクの母と再婚したと思っていたのですね。

ですから母親を捨てなければ自分もこんなみじめな環境にはいなかったと父を恨んでいたのですが 事実は違ったのです。

母親が父あてに残した手紙を見せられたジョンウクです。

そこには好きな人が出来たので出ていくという内容が書かれていたのです。

ジョンウクは自分が間違っていた事に気づき後悔を覚えるのです。

ユラとジョンヘは多分後悔という言葉とは無縁・・かもしれませんね。(イエ人間だからそんな事はないのでしょうか?………)

ある意味逞しいふたりの様です。

最後まで読んでいただきありがとうございました♪

riko-tsubuyaki-blog
riko-tsubuyaki-blog
この記事を書いている人 - WRITER -
りこです。 北海道在住 猫好き・ お笑い・韓流ドラマ・ 野球・音楽・散歩・掃除が好きです。

コメントを残す

Copyright© りこ【つぶやきノート】 , 2023 All Rights Reserved.