韓流ドラマの感想を書いています 気になるドラマの深読みしています

再現ドラマ「エラー夫婦~永遠の愛を誓ったはずなのに⁉~」を観て⑧

2024/01/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
りこです。 北海道在住 猫好き・ お笑い・韓流ドラマ・ 野球・音楽・散歩・掃除が好きです。
riko
riko

こんにちは! rikoです。
実話再現ドラマ第8弾です。
全25話を順不同でご紹介しています。
今回は第9話です。
どうぞよろしくお願いいたします☆

今回は奥様からのご相談でした。

前妻が何かと割り込んで来ます。

第9話「前妻の罠」


簡単あらすじ


既婚者の彼に10年間憧れ続け片思いだったが 彼の離婚から2年後結婚する事が出来た。

彼の離婚理由は前妻の浮気だった。

浮気がバレても離婚したくないと言い続けた前妻だったが 財産の半分以上を渡す事で離婚に合意した。

しかしその前妻が何かにつけ夫の側で存在を見せつけてくる。

夫と前妻の間には一人娘がいるがこの娘を盾に前妻は夫に近づくのだった。

感想

憧れの人だった彼と結婚したけれど 幸せを味わう気持ちに水を差す前妻でしたね。

それに対して優柔不断な夫の対応でした。

ふたりが暮らす近くに前妻は店を開きました。

そこに出入りする夫です。

前妻はフードコーディネーターで 夫は広告プロデューサー。

仕事上顔を合わせる事が多いのです。

ある日の深夜に夫の携帯に前妻から電話が入りました。

店に強盗が入ったというのです。

夫は直ぐに家を飛び出して行きました。

妻も後を追うと 警察に事情を訊かれている前妻が夫の胸で泣いているのです。

夫は妻に見られている事は気が付いていないのですが 前妻は妻の存在に気付いていて見せつける様に夫の腕の中にいるのですね。

また別の日 娘の誕生日のお祝いをする為に夫は出かけるのですが 実は夫も同じ日誕生日だったのです。

妻はふたりでお祝いをしたかったのですが夫は娘の所へ行くと言います。

妻はそれなら自分も着いていくと言ってプレゼントを買ってレストランへ向かいました。

その席でのことです。

ママ友に出会った前妻が左手の薬指に結婚指輪をして彼の事を「夫です」と紹介したのです。

気まずそうにしていた夫ですが立ち上がって挨拶をしたのですね。

これには黙っていられない妻でしたが 前妻のママ友が妻に気付き「どなた?」と訊ねられると即座に娘が妻の事を「家庭教師です」と紹介したのです。

夫は何も言ってくれず 妻の怒りは収まりません。

しかし 離婚の事を友人に知られたくないと娘が言う為夫もそれに従ったのです。

前妻もママ友の間で除け者にされたくないという理由で離婚は秘密なんですね。

前妻は彼女に言います。

割り切って付き合いましょうと。

娘が離婚のせいで夫に捨てられたと思っているので娘を悲しませない様に協力してほしいと言うのですね。

娘の為と言われれば断れない妻でした。

前妻の言いなりになっている夫に対して妻は疑問を持つようになります。

そうして判明した事実がありました。

夫は前妻に生活費を出していたのですね。

財産の半分以上を離婚の際前妻に渡しているにも関わらず 生活費迄負担していたのです。

そしてこれも又娘の為という夫です。

妻に会うのも娘の為。

遂には前妻の所に泊まって帰らなかった夫です。

酔って眠ってしまっただけだと強く説明をしますが 妻は不愉快ですよね。


信じられない事が起こります。

前妻は娘を留学させたいから夫にも一か月だけ一緒に行ってほしいと言うのです。

そして自分も勉強したいので渡米すると。

つまり親子3人で一緒に海外へ行きましょうと言うのです。

それもまた娘の為と。

前妻は夫に対して 娘に嫌われないようにしてほしいと言うのです。

なんと夫はそれに応じるのです。

そして一か月だけ娘の側にいてやりたいと妻に許しを請うのです。

前妻は復縁を迫ります。

海外へ行けばその間にヨリを戻そうと考えているのかもしれません。

夫は絶対大丈夫だと 一か月で帰って来るからと言いますがあまりにも妻を軽んじている夫に対していつまで我慢すればいいのか 自分はどうすればいいのか分からないと相談します。


パネラーの方達の意見です。

◎ 夫を渡米させてその間自分の気持ちを見つめてみてほしい。

離れる事で見えてくる事があるというのですね。

まずはそこから。

◎ このまま夫と暮らすつもりでいるなら夫の娘への愛情は受け入れるべき。

父性愛と自分への愛情は違うものだ。

◎ 自分ならこの夫とは暮らせない。

夫と前妻と娘の絆は強い。

態度をはっきりさせない夫だからこの先も同じ事が続くと思う。

離婚を勧める。


娘との関係は一生続きますから その度に前妻が物言うのはこれからも続きそうですね。
前妻が誰かと再婚でもしない限り夫の周りに常に居ると思いますね。
どうするのでしょうか・・

riko
riko

riko-tsubuyaki-blog
riko-tsubuyaki-blog

最後まで読んでいただきありがとうございました♪

この記事を書いている人 - WRITER -
りこです。 北海道在住 猫好き・ お笑い・韓流ドラマ・ 野球・音楽・散歩・掃除が好きです。

コメントを残す

Copyright© りこ【つぶやきノート】 , 2023 All Rights Reserved.