韓流ドラマの感想を書いています 気になるドラマの深読みしています

韓国ドラマ「完璧な結婚のお手本」を観て~第 11 話

2023/12/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
りこです。 北海道在住 猫好き・ お笑い・韓流ドラマ・ 野球・音楽・散歩・掃除が好きです。

2023年

配信全12話 中第11話(57分)


簡単あらすじ

養母のジョンヘはイジュの存在が疎ましく 出所した昔の男に殺害を依頼した。

歩道でドグクの電話を受けていたイジュを見つけたジョンヘは同乗していた男に直ぐに轢き殺せと命じたが その会話を盗聴していた ドグクの咄嗟の判断で危機を逃れた。

ジョンヘと男はその場で逮捕された。

そこではジョンヘの側近キム秘書が抱えていた恨みも明らかになる。

また新たにイジュは衝撃を受ける事実をドグクから知らされる。

義妹のユラとドグクの異母兄ジョンウクは 妊娠を家族に話し結婚を早めたいと申し出た。

そんな中テジャ建設の現場で作業員の死亡事故が発生した。

ドグクと兄の対応は分かれる。

感想

イジュは自分に向かって突進してくる車に気付きましたが そこで目に映った助手席の養母ジョンヘが笑っている様にショックを受けた様子でしたね。

ドグクはイジュを狙う車に自分の車を衝突させ何とか大事には至らせずに済んだのですが イジュは衝撃が大きすぎてその場に座り込んでしまいました。

駆け付けたドグクは動揺を隠せずイジュを心配していましたが その時彼が無意識に発した言葉に戸惑うイジュです。

「あの時みたいにまた君を失うかと怖かった」と。

イジュはその言葉の意味が理解出来ずにいました。

警察署でジョンヘの悪事が暴かれていきます。

イジュの母親を幼いイジュ共に殺そうと放火した犯人はやはりこの男でした。

そしてこの男はジョンヘに指示されたと発言したのです。

最近になって実母が生存していた事で焦りを感じたジョンヘは 新たに男に対し イジュ殺害の指示を出したのですが その時に録音された音声がその男によって公開されたのです。

録音はドグクが男を利用してジョンヘの本性を暴く為に依頼したものでした。この男はお金の為なら誰にでも付く様な人でしたね。

男の計算違いは放火犯としての時効は既に過ぎていると勘違いをしていた事でした。

一時海外へ逃げていた時間を計算に入れていなかったのです。

それで再逮捕されると知り焦った男はジョンヘからの指示だったと暴露したのですね。

更に出ました!

今度はキム秘書が暴露します。

ジョンヘはひとりの画家を自殺したと公表し家族もそう伝えられていたのですが その画家を長年監禁し絵を描かせていたのです。

亡くなった画家の絵としてその価値を上げ 海外へ売りに出し数百億ウォンというお金を手にしていたのです。

勿論 隠し財産としてでした。

その証拠資料を提出すると言ったのです。

キム秘書の暴露は終わっていませんでした。

世間から自殺したと思われていた画家は実は彼の父親だったのです。

遺体は発見されずにいたのですが 父親を調べる中でジョンヘとの関係を知りその繋がりを疑ったのですね。

父親がジョンヘに利用されていた事を知り憎しみを抱えていたのです。

ドグクが言った言葉が気になるイジュでした。

そして彼に問い質したのです。

彼の口から出た言葉は驚くものでしたね。

イジュがタイムスリップ前に遭った事故現場には 車がもう一台巻き込まれていたのですが その車を運転していたのがドグクだったのです。

それは巻き込まれたのではなく彼の車がイジュの車に衝突したのでした。

彼は気を失っているイジュを救おうとして倒れてしまったのです。

そうして目覚めるとイジュと同じ1年前に戻っていたと告白したのでした。

ふたりは同じ運命だったのですね。

ドグクはイジュの命を奪ったのは自分だと責任を強く感じていたのです。

イジュは考えが纏まらずにいて ふたりは距離を置く事にしました。

義妹ユラの思惑が外れる時が訪れました。

義母兄の汚職が発覚したのです。

それによりテジャグループのトップに立つ事はおろか テジャ建設の社長の座も諦めなくてはならなくなるのですね。

ユラは怒りを抑えられずにいます。

兄は逮捕されました。

ドグクは知人の家で見た絵に魅了されていました。

彼がまだ独身の頃です。

その絵に惹きつけられ作者を探しイジュを知ったのでした。

その頃イジュは結婚していたのですが 彼女を遠くから見守っていたのです。

イジュが家族に冷たくされている事にも気づいていました。

そうしてあの事故が起こってしまったのです。

イジュもタイムスリップして彼の目の前に現れたけれど人が変わった様な彼女を見てその理由を知り復讐の手助けを決めたのですね。

なぜそこまで?というイジュの問いに対してドグクは答えました。

「気が付いたんだ。僕は君を愛している事に」と。

心から愛していると告げたのです。

ふたりは1年を無事に過ごす為の方法を掴みたく巫女を訪ねました。

巫女はこう告げます。

「死ぬべきだったのは1人だったはず。でも2人死んだ。それがこじらせてしまった」と。

生き残るには与えられた時間を生き抜く事だと言いました。

ふたりは残された時間を忠実に生きようと決めるのです。

そうして7か月後イジュは妊娠しました。

幸せに浸る日々の中思わぬ事件が起こりました。

刑を受けていた異母兄が刑務所で自殺を図ったというのです。

幸い未遂で終わりましたが看守の目を盗み行方をくらましたのです。

ドグクは悪い予感を覚えイジュを確認に帰宅したのですがその姿がないのです。

イジュは兄ジョンウクに連れ去れてしまったのです。


タイムスリップ前の事故はドグクが起こしたものでしたね。

イジュはどうしてもっと早くに話してくれなかったのかと怒りましたがドグクの愛を信じるのです。

イジュは子供の頃から養母に「おまえは愛されないんだ 母親にも捨てられる様な子だ」と言われ続け 洗脳されていたのです。

ですからドグクの優しさも自分への同情だと捉えていたようです。

でもその彼女の気持ちを救ってくれたのが実母でした。

ドグクの眼差しや言葉でわかるというのです。

彼がイジュを愛している事を。

そして あなたは愛される資格が十分ある。人の言葉に揺れないで。と言ってくれたのですね。

ドラマも最終話を迎えるだけになりました。

配信は12月4日 (月) 0時~なので深夜になりますね。

予告編ではイジュとドグクが事故に遭っている様子でしたが どうなってしまうのでしょうか・・

最後まで読んでいただきありがとうございました♪

riko-tsubuyaki-blog
riko-tsubuyaki-blog
この記事を書いている人 - WRITER -
りこです。 北海道在住 猫好き・ お笑い・韓流ドラマ・ 野球・音楽・散歩・掃除が好きです。

コメントを残す

Copyright© りこ【つぶやきノート】 , 2023 All Rights Reserved.