韓流ドラマの感想を書いています 気になるドラマの深読みしています

再現ドラマ「エラー夫婦~永遠の愛を誓ったはずなのに⁉~」を観て⑨

 
この記事を書いている人 - WRITER -
りこです。 北海道在住 猫好き・ お笑い・韓流ドラマ・ 野球・音楽・散歩・掃除が好きです。
riko
riko

こんにちは!rikoです。
実話再現ドラマ第9弾です。
全25話を順不同でご紹介しています。
今回は第17話です。
どうぞよろしくお願いいたします☆

相談者の方はまだ新婚の奥様でした。

今回は理解したくないと思える内容でしたね。

第17話 「禁断のロマンス」

ふたりの出会いは家族に勧められたお見合いでした。

文学青年の彼に一目ぼれをしてやがて結婚したのです。

しかし早くも問題が起こりました。

新婚初日から夫は一緒の寝室では寝ないのです。

それが1年続きました。

妻は子供が欲しいからと頼んで何度か寝てくれただけで その後妊娠をすると更に別々の部屋で寝る様になったのです。

普段は優しくて家事もやってくれるけれど妻の側に近寄りたがらない事を義母に話しました。

そうして後日夫の秘密を知ることになるのです。

夫が大事にしている本の中に写真がありました。

裏には夫宛のメッセージが書かれていました。

それは衝撃的でした。

10年以上も関係がある女性からの物で 彼が結婚した事に対しての辛い気持ちと彼への想いが記されていたのですが 更に驚くのはその女性が既婚者である事。

そして結婚しても関係を続けたいと書いてあったのです。

その後女性についての詳しい情報が判明します。

驚くのはその女性は夫が18歳の時に通っていた塾の講師で その時から男女の関係にありしかも当時から結婚していた女性は夫より20歳も年上だったのです。

当時義母にも関係が知られて大反対されたのですが ふたりはそれから10年別れられずにいたのです。

夫は夜中その手紙を何度も読んではその度に泣いていたのでした。

妻は離婚を切り出しますが夫は応じる気はないのですね。

そんな中ストレスを感じていた妻の体調が悪くなり救急病院へ搬送されました。

傍で見守る夫は妻と子供を守りたいと感じ女性と別れる事を決めるのです。

しかしどうしても別れる事が出来ない夫でした。

自分でもその気持ちが愛なのか未練なのか執着なのか分からないんだと妻に打ち明けました。

別れるべきなのは頭では理解していても心が忘れられないと叫ぶようです。

そして彼女から呼び出されると我慢出来ずに会いに行く夫でした。

ある日妻は夫の不倫相手から呼び出されました。

そして夫との恋愛話をまるで酔っているかの様に妻に話すのです。

彼の「初めて」には常に自分が隣にいたと。

またこんな事も言いました。

彼(夫)に結婚を勧めたのは自分だと言うのです。

子供も作りなさいと言ったと言うのです。

何故ならお互い同じ立場になり罪悪感を持たずに愛し合えるからだと言うのですね。

その女性は既婚者で離婚せずに夫と付き合い続けていたので 夫に対して後ろめたさを感じていたけれど 彼が結婚した事でもうその感情を覚えずにいられる事に安心して愛し合えるというのですね。

信じられない発想と言動です。

妻は改めて夫と向き合います。

すると夫は驚く事を言い出したのです。

彼女と別れる為には別れる練習が必要だと言うのです。

急には無理だから少しづつ別れる様に練習したいと。

呆れる妻に対して夫は続けます。

一週間時間が欲しいと。

その間に彼女と別れる為の旅行をしたいと言うのです。

そして彼女からもまた呼び出された妻は夫との旅行を許して欲しいと言ってきました。

別れる為の旅行だと同じ事を言う女です。

これまでも隠れて関係を続けて来たふたりには旅行の思い出もないので 一週間掛けて別れの旅行に出かけたいと言うのです。

帰って来たら妻と子供の為に尽くすからと言う夫。

到底信じられる言葉ではなく 別れる為に一週間も旅行したいというふたりに対して自分はどうすればいいのかと悩む妻です。


パネラーの方達もこの夫と不倫相手のふたりの言動には半ば呆れた様子でしたね。

そして其々の意見がぶつかる事もなく 相談者の妻に対してはこの不倫相手にはこの先会わない方がいいというアドバイスでした。

彼女に会うと妻の心が乱され判断が出来なくなってしまう。

とにかく距離を置く事。

そして多分このふたりは別れないと思うので離婚を視野に入れ双方に慰謝料を請求し夫には養育費の約束と財産分与を求める。

新婚なので額自体は多くないだろうけれど その方向がいいと。


riko
riko

正直とても気分の悪い実話でしたね。
後日談を知りたいと思ってしまう再現ドラマでした。
相談者の妻はどう判断されたのでしょうか・・

最後まで読んでいただきありがとうございました♪

riko-tsubuyaki-blog
riko-tsubuyaki-blog
この記事を書いている人 - WRITER -
りこです。 北海道在住 猫好き・ お笑い・韓流ドラマ・ 野球・音楽・散歩・掃除が好きです。

コメントを残す

Copyright© りこ【つぶやきノート】 , 2023 All Rights Reserved.